パソコンのアカウント変更について

e5000サーバをご利用いただく上で、共有領域へのアクセス制限をかける場合、日本語のアカウントを使用されているパソコンやアカウントを変更されているパソコンの場合、セキュリティ領域にアクセスしようとすると、その都度IDとパスワードの入力が必要になり、自動的にセキュリティ領域にアクセスできない場合があります。(というか、まず出来ません....)

この場合、一番簡単な解決策は、新規に半角英字のみでアカウントを作成し、新しいアカウントでパソコンをご利用いただくのがいいと思います。

Linuxサーバーとの連動を考える場合は、アカウントの付け方にも決まりがあります。原則的には半角英字(出来るだけ小文字)のみでアカウントをつくるように心がけましょう。スペースや記号は絶対に使わなようにしてください。
詳しくは ユーザーアカウントについて.... をご参照ください。

新しいアカウントを作成すると、既存のアカウントからの各種データの引っ越し作業が必要になります。
概ね次のデータを移動すると大丈夫だと思います。

  1. マイドキュメントのデータ
  2. デスクトップ
  3. スタートメニュー
  4. SendTo
  5. お気に入り (Internet Explorer利用時)
  6. アドレス帳
  7. メールデータ(メール本文、メールアカウント、メッセージルール)
  8. クッキーデータ (Webパスワードなど)

と言いましても、これらの作業は面倒なので、ちょっとしたアカウント移動ツールを作成しました。
これを使いますと メールデータの「メールアカウント」と「メッセージルール」「クッキーデータ」以外は簡単に移せるのでご利用ください。

アカウント移動ツールのダウンロード

Read more »

プリントサーバーの設定

SI-TECHのサーバーにはプリントサーバー機能も備わっています。
サーバーに接続されたプリンターはインターネットプリンターとして、ローカルネットワークに接続された全てのコンピュータから印刷が出来るようになります。

クライアントパソコンに接続したプリンタを共有する場合は、接続されたパソコンが起動していませんとプリント出来ませんが、常時起動が前提のサーバーに接続されたプリンターですと、起動を気にすることなくいつでも利用が可能です。

また、プリンタ共有の場合、エラーが起きると、操作しているパソコンではなく、接続されているパソコンにエラーメッセージが表示される場合が多いので、運用するのは結構面倒なことがあります。

ということで、せっかくサーバーを導入したのですから、プリンターをサーバにい接続して使いましょう。

Read more »