OpenVPNのMTU値の設定について

OpenVPNを構築する場合、標準的な設定ではMTU値が1500に固定されているらしく、アップロードはまだましだが、ダウンロードに関しては、最大フレームから溢れて、再送を繰り返してしまうことがよく起こります。
結果的に転送スピードが著しく遅くなり実用に耐えないと言うことになりかねません。

MTU値を調整するように設定し、速度の低下を防ぎましょう。

1.server.conf に下記の設定を追加し、OpenVPNを再起動させます

fragment 1280
mssfix

2.○○.ovpn (クライアント設定ファイル)にも同様に下記を追加

fragment 1280
mssfix

どうしようもなく遅いと感じられている場合はお試しください。