レノボはやっぱり使わない方がいい...

これだけ続くとさすがにわざとじゃないかと....

■ レノボのノートPC 組み込みソフトに欠陥
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150820/k10010196141000.html

※ 元の記事が削除されているようなので内容を書いておきます ———

中国のパソコンメーカー「レノボ・グループ」が、
出荷時に独自にノートパソコンに組み込んでいたソフトウエアに、
個人情報の流出などにつながるおそれがある欠陥が見つかりました。

このソフトは、利用者がパソコンをどのように使っているかを知るために、
出荷時にレノボが独自に組み込んでいたもので、
システムの情報を自社のサーバーに自動的に送信するよう設定されていたということです。

しかし、レノボによりますと、ことしの春、このソフトに欠陥が見つかり、悪用されると最悪の場合、
コンピューターウイルスに感染したり、インターネットを通じて勝手に遠隔操作されたりするおそれがあることが分かりました。
被害は今のところ確認されていませんが、このソフトは利用者が簡単に消せないようになっていて、
レノボはソフトを消すための特別なプログラムの提供を先月末から始めました。

レノボによりますと、このソフトは世界中で販売された23機種のノートパソコンに入っていて、
国内ではことしに入ってから6月までに販売されているということです。

レノボのパソコンを巡っては、去年販売された40余りの機種の中に、
個人情報の流出につながるおそれがあるソフトが入っていたことが分かり、大きな批判を招いています。
——————————————————

バイドゥIME、Superfish に続いてまた……..

アメリカ、ヨーロッパの公的機関では レノボのパソコンはセキュリティの観点から使用は不可になっています
日本では普通に使われてますが、脇が甘いとしか言いようがないような気がします。

NHKでは、レノボが自ら不具合を発見したように書いていますが、実際は海外の専門家の指摘があって初めて動いています。
ばれたならしょうがないというスタンスです。

コンピュータは自己責任で使うものですが、あえて危険を冒す必要はないと私は思います。