全然関係ない洗濯機の話....

先日、電気屋さんに行って、家電コーナーを見ていたんですが....
洗濯機はまあドラム式ばっかりが展示されていて圧倒されてしまいました(^^;)

でも、へそ曲がりの私はふと考えさせられてしまいました。

そもそもなんで、洗濯機と乾燥機を一緒にしないといけないのだろうかと....(^^;)

ドラム洗濯機乾燥機というのは、乾燥機に洗濯機能を付け足したもの....だから洗濯機能が劣る
縦型洗濯乾燥機は洗濯機に乾燥機能を付け足したもの....だから乾燥機能が劣る

ということは、洗濯という点については縦型の方が優れており、衣類乾燥という点ではドラム型が優れていると言うことになります。つまり一緒にするとどうしても劣っている機能を付け加えないといけないわけで、その点においてどうしても妥協をしないといけないことになります。

利点が3、欠点が7の場合、その欠点を列挙すれば当然商品は売れなくなるので、メーカーや販売員は利点だけを強調する戦法で商品を売りつけようとします。その利点だけの強調のたまものがドラム式洗濯機なんじゃないかと思うのです。

これってコンピュータの世界でも同じで、、、モニター一体型パソコン買って幸せになった人を見たことがありません。パソコンは消耗品なので必ず壊れます。一般的にモーターの付いてる部品や光っている部分、強度の足りない部分が壊れます。モニター一体型パソコンの場合、どれかが壊れたら終わりです、、一体型なので部分的に交換することも出来ません。その昔テレビデオなるものがはやったことがありますが、テレビかビデオのどちらかが壊れたら、、、結局両方買い換えることになります。ネットワークの世界でもルータ、ハブ、アクセスポイントは別々に付けるというのが私的には当たり前。全部一緒になった無線ルータなんか法人様には絶対勧めません。あれも出来るこれも出来るというのはどうしても壊れやすくなりますので

ということは、置く場所があるなら洗濯機と衣類乾燥機を別々に買うのが一番いいのではないかと私は思うのですが、いかがでしょうか?

 

コメントをどうぞ。

TrackBack URI :